My CMS

科学、ITの中でプログラム、Wordpressテーマやプラグイン用途、関連の制作記事、興味のあるテーマに対しての記事、他様々ITと科学のコラボから更なる新しいアイディア等を書き留めています。実際に使えるものから、応用が効きそうな物まで幅広く書いているので、参考に成れば幸いです。

[覚え書き]本日以降の記事は引力、重力と言う概念に加えて素粒子の概念も組み込んで行こうかなと思います。

time 2016/09/15

[覚え書き]本日以降の記事は引力、重力と言う概念に加えて素粒子の概念も組み込んで行こうかなと思います。

今回は覚書の様な物なので記事としては多分機能していません。

以前ライブドアで作成した記事の北極南極赤道の重力の違いというようなことを書いた記事、今回以降は重力と言うものがあった場合はそうなるだろう、と言う話として取っておきます。

と言うのも重力には重大な穴、と言うか説明が付かないところがそのままになっていた為です。同じく引力にも、説明が足りなかったという方が正しいでしょうか、

スポンサードリンク

金属は素粒子の壁に成り易い。

鉛は素粒子を遮断する。

金は素粒子を遮断する。

なぜ重いのか、星を通過しようとする素粒子がモロに当たっている為。

重ければ重いほどに素粒子は遮断されている。

それでも隙間はあるため0ではない。

磁石を鉛メッキをすると物が付かなくなる。磁石からの力で有るとするならメッキをしたことで物が付かなくなるという事は有り得ない。よって磁石は外部からの力が流れ込み易い物質であると推測。

光に当たり続けた物質が反対側まで熱くなるのは光が通り抜けるために原子状態の素粒子軍の間を無理やり通り抜けた結果の摩擦熱。

空気を伸張させ続けるとプラズマ化して伸張させたボックス内は素粒子に近い物質、もしくは素粒子で満たされる。ボックスの材料は核融合炉の冷却の仕組みが使える可能性。

完全に閉鎖された空間での安易な伸張は危険。

 

他にも光を超える速度の物がない、あれは正しいです。

ものは有るだけで光を発している為例え光の速度に達してもそれに更に上乗せされた光の速度が発生すると言う鼬ごっこになってしまうから。

と言うかそもそも物自体が光という現象を起こす素粒子の塊みたいな物な為結局は光の連鎖現象の速度を超えることは出来ないんですね。

概念上は可能ですけどね、空間に事実何もないと仮定された空間では。

空間を高速で移動する以上は素粒子に衝突してどこかしらに弾いているわけですから素粒子の速度も殆どが透過するとは言え弾かれれば上がりますし、

ましてや人間が乗るなどといったことは考えないほうが身の為です。

質量は=で速さにもなってきます。素粒子がさほど早くなかったとしてもこちらが早ければ早いほどあちらが早いことに成ってしまいますから、

重力や引力は空想上の概念としては便利な概念なので現象として違ってもプログラム上は利用価値のある概念として今後は重力という概念、引力という概念は本ブログではそういった思想の一つ、として扱います。

判断はお任せします。

コレまで奇妙だった概念も物質の最小単位が少なくとも解決をしてくれた部分も有った為、一つの概念として素粒子系列の概念を重力、引力の概念とは全く別の世界として考えてみようかと思います。

素粒子の解説は大体下の様にすると分かり易いかなと思います。

水蒸気

プラズマ →素粒子+素粒子に成りきらなかった余り物の塊

の素粒子です。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でHakrをフォローしよう!

sponsored link

down

コメントする





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

IT・医療関連

ソーシャル関連

パソコン

プログラム

個人的なブログ倉庫

社会

科学



sponsored link

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!