My CMS

科学、ITの中でプログラム、Wordpressテーマやプラグイン用途、関連の制作記事、興味のあるテーマに対しての記事、他様々ITと科学のコラボから更なる新しいアイディア等を書き留めています。実際に使えるものから、応用が効きそうな物まで幅広く書いているので、参考に成れば幸いです。

弱酸性は危険

time 2017/04/12

酸性は危険

物質は酸素と結びつくと酸化し、あらゆる生命はこれに対抗する為に酸素を利用する側や、酸素から直接的に影響を受けない海底、腐敗したモノの中に潜む。

弱酸性は様々な食品や、健康グッズに弱酸性と言う物が適応されている現在だが、そもそも何故弱酸性なのか、通常、生まれたばかりの人間の肌はアルカリ性で作られている、生命は酸素に対抗するために体をアルカリ性にする。これは万物共通で有り、物体は酸化すると劣化したり、老化したりする。そもそも老化現象そのものが酸化とイコールである。

何を履き違えたのか、弱酸性と言うものを使って態々体の老化を促進しているのだ。魚などを見てみても殆どの魚や魚介類の体はアルカリ性で出来ている。

本来であれば人間も体を酸性に傾けない為にアルカリ性に傾き易い物質を摂取することが重要だ、もちろんアルカリ性に傾き過ぎるのは危険だ。強アルカリは物を分解するのは賛成と同様。

体をアルカリ性に傾けるには

野菜、魚、他、重曹等の摂取を推奨する。重曹を摂取する事は体内の抗菌作用ももたらしてくれるので良いかも知れない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でHakrをフォローしよう!

sponsored link

down

コメントする





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

IT・医療関連

ソーシャル関連

パソコン

プログラム

個人的なブログ倉庫

社会

科学



sponsored link

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!